カテゴリ:介護( 6 )

母が亡くなりました

震災ですっかり、体調を崩してしまった母。
連休明けの5/9、帰り際に母を訪れた。熱はなかった。
ゼリーを少し、持参したアイスクリームを食べてくれた。
私のことはわからないようであったが、「また来るよ」と言いい、
握手、握り返してくれた。

14日、夕方、看護師さんから、だいぶ弱っていると電話あり。
明日、検査します。結果がわかるまで、待機していた。
検査結果が悪い、それでも、17日の朝は、食堂ですこし食べたと連絡、
万が一に備え色々な用事を済ませて、18日に行きますと連絡。
夕方、よくないと連絡、夜、9時過ぎ眠るように逝ったと連絡が来た。
見とることはできなかったが、9日、握手の際握り返してくれたのが、
母からの最期の無言のメッセージと思っている。

よく頑張った。遺体を那須から、千葉へ連れてきて、葬儀も終えた。

母は今、千葉の私の家で七七日まで、一緒、その間に、夕張から、祖父母、父の
お骨をこちらへ持ってきて、一緒に松戸のお寺へ納めることになっている。

札幌を離れて7年、那須の施設に入り5年、環境のよい施設で、優しい皆さんに
お世話頂き、感謝している。母や私の介護を支えてくれた夫にも感謝している。

e0172840_1064911.jpg

遺影は、私の写したスナップを葬儀屋さんがきれいにしてくれた。
葬儀に駆けつけてくれた、札幌の親せき、母を知る人の少ない松戸で、ともに
介護をしていた友人たち、ありがとう。
これで、那須へ行っても、羽ばたける。
by gonta2kohana1-nak | 2011-05-23 10:31 | 介護 | Comments(14)

とうとう私がわからない

那須へ滞在している。
連日母の施設へ昼食を持参して一緒に食べている。
先月から、嚥下する力が弱くなり、食べられなくなってきている。
母の好きなものを持参して、なるべくのど越しのよいもの。

おやつを持っていってもあまり食べないし、介助なしでは食べられない。
果物や、トマトは食べてくれるが、肉や魚は無理になってきた。
昨日、前日のすき焼きの残りを卵でとじたのを細かく刻んで持参したら、思いのほか
食べてくれた。「おいしい」とも言った。
誰が食べさせているの、聞いても、トンチンカン・・・ぶつぶつ。
飲み込むのに時間がかかり、1時間以上はかかる。
北海道時代、この時期は甘く熟した庄内柿が好物、
食べさせると美味しいと手を合わせて拝んでいた。

ヘルパーさんが娘さんが来てよかったねと言っても、無言。
今回来た時に「おかあさん」と言うと、私の顔を凝視して「あさのさん」
という。「あさのさん」て、誰とこちらが聴きたい。
その後は無言、どうしたの、次の日も私の名前を言わない。

明日こそはわかってよね。
11月の初めに行った時もおかしかったが、まだ、目に力があったが・・・・
明日は採りたての栃木の美味しいイチゴ、好きでしょう。

写真は11月の初め
e0172840_2393693.jpg

クリームコロッケも持っていくよ。
by gonta2kohana1-nak | 2010-11-30 20:27 | 介護 | Comments(2)

母の施設のお祭り

暑中お見舞い申し上げます。
今年は猛暑で、日中は2匹とひきこもっております。
朝と、夕方以降で一日のすべてことをこなしております。
夜遅くまで、お店があいているので助かります。
ずいぶん長いこと那須で過ごしました。
暑さ逃れと、母の施設のお祭り、庭の片づけ、友人との語らいなど
今年は那須も暑くて、雨が多く湿度が高い。

母の施設のお祭りは一年の中で一番のイベント、入居者、施設の職員、
ヘルパーさんたちにとっても、楽しみにしているようです。
入居者の家族もこの日は大勢の方がいらっしゃる。

今年から入居者と一緒に夕飯を食べ、その後色々な催し物に参加する。
母と久しぶりに同じお祭りの夕食をいただく。
そこそこ、おいしかった。
e0172840_1233482.jpg

おいなりさんが味がよく美味しかった。
母も何とか食べていたが、かなり食事介助が必要
e0172840_12342792.jpg


食後は、近隣のボランティアの昔のおねい様たちの踊りや、フラダンス
母に面白いって聞くとつまらない表情
e0172840_12393540.jpg

母はむかしから、こういうのが嫌い、認知症になって、むしろ、あからさまに
顔に出る。困ったものである。せっかく、赤いお祭りの衣装も寒い、寒いというばかり。

若いヘルパーさんは浴衣姿でとてもかわいい。
イベントの極めつけ、元気なヘルパーさんたちの踊り、いつも、年老いた入居者
にエネルギーを与え続けている、この日は若者に戻り、爆発?
でも、入居者に配慮したのか、マツケンサンバ、エネルギーをたくさんもらう。
e0172840_1251156.jpg

e0172840_1252867.jpg

私が手拍子でのりのりでいると、母は私に品がないと、嫌な顔
あぁ~母は変わってはいない。楽しめばよいのに。
三つ子の魂100まで?
最後はいつもの花火、花火見ようといっても寒い早く家に帰りた、
まったく、可愛くない性格。
花火なんて何回も見ているなどのたまう。
どうして、一緒に楽しもうとしないのか。母と同じで無表情な入居者も多い。
今年も見せていただきありがとう
e0172840_1341055.jpg

来年も母ともども楽しみたいが。
介護は本当に大変なのに、明るいヘルパーさんたちに感謝です。
by gonta2kohana1-nak | 2010-08-04 13:12 | 介護 | Comments(6)

一年前と今の母

3月26日、今年も母の誕生日が近付いた。
残念ながら、小旅行を友人と計画していて当日は行けない。
先日、よくケーキを買う那須のお店により母の誕生日にバースディ
ケーキを施設へ届けてもらうように手配してきた。
去年と同じように、施設のお仲間、ヘルパーさんたちや、お世話になる
看護師さんなどとともにお祝いしてほしい。
昨年の母と比べると、この一年でずいぶん衰えが目立つようにはなったが
何とか頑張っている。
話はほとんど、通じないが、よくしゃべる。
先日、母のところへ行くと、「大変なことが起こった」という。
どうしたのと聞くと「私、とうとう妊娠してしまった」という。
笑いそうになったが、冷ややかに「産めば」と答える私。
ちょっといじわるかな。
ヘルパーさんの話によると朝からずっと妊娠した、どうしようと騒いでる
と言っていたとか。
その後、母はだんまり、黙々と好きなイチゴを食べるが2コがやっと。

e0172840_1246278.jpg

昨年の誕生パーティの時から比べると衰えが目立つ。
母の部屋には、父の位牌と写真、生前父が使っていたつげのくしを置いている。
最近は父のこともまた言わないが、飾ってある人形を私の死産した孫と
思っているらしく、よく話しかけている。

e0172840_133477.jpg


e0172840_1344412.jpg


何かを食べさせようとしても、子供たちにもあげてというが、父にはお供えしてとは
言わないのが不思議。死んだとは思いたくないのであろうか。

人形だけが話し相手でずいぶん話しているようである。
お茶を飲ませたいというので、おままごとのお茶セットも置いてある。

洗面台周辺、ここで、自分の顔を毎日見るたびに、「私老けたね」というとのこと。
なんだかせつない。
e0172840_13131235.jpg


私が行くと、必ず着替えさせるが、鏡を見たがるので連れていくと、似合っているねと
嬉しそうには言うが。。。。
by gonta2kohana1-nak | 2010-03-19 19:32 | 介護 | Comments(0)

母の好きなもの

明日から寒そうだけど、母が待つ那須へ出かける。
母はというよりは、介護施設にいる高齢者は、大体の方が便秘に悩んでおられる。
母も色々な薬を飲むせいか、寝てることが多いので、どうしても便秘に悩まされている。
施設へ行くときはなるべく繊維質の多いものや、果物を持っていくが、それでも、なかなか
便秘を解消するのはむずかしく、乳酸菌飲料や、せんな茶なども使ってはいるが、食欲を
そそるものではない。
先日、施設の方からおやつに出たゼリーをとても喜ばれたと聞いたので、以前から
母の好きだった
「寒天ぱっぱ」を食べさせようと思い、今日売っているところを探して購入してきた。
「寒天ぱっぱ」は長野県の伊那市にある、伊那食品という会社で作られている
寒天ゼリーの素は、母が元気なころ家に来た時に作ってあげたら大喜びで大好きだった。
寒天は美容や便秘に良いとは知っていたが、市販されている粉末寒天
で作ったものよりもとても美味しいし、熱湯を注ぐだけでおいしい寒天ゼリーができる。
ゼリーの中へ、生の果物をたくさん入れてとても贅沢なゼリーができる。
少し柔らかめに作ると、のど越しがよく、嚥下機能が衰えている高齢者には優しい
食品であり血圧や、便秘にも効果がある。
今日、伊那食品のHPをみると、この不景気にずいぶん業績を伸ばしている会社で
あることがわかった。
かっては、寒天は羊羹などの和菓子に使われるくらいであったろうが、
食欲の衰えた高齢者にやさしく、高齢化に向かうご時世にはこれからも
需要が多いのであろうと思われる。
ゼリーのもとを施設のヘルパーさんに今度買って来るので、作って食べさせて
と約束してきたので、お願いすることにしている。
e0172840_211462.jpg


地方の会社が地方の特産を生かして業績を伸ばしているのは嬉しい。
故郷をともにする友人が同じ伊那市で、この不景気で仕事のことで悩んでいる。
頑張れとは言わないが元気を出してほしい。
by gonta2kohana1-nak | 2010-03-11 21:02 | 介護 | Comments(2)

母の誕生日

母の誕生日は3月26日
いつもはこの日にお祝いをするのだが、26日は用事があり、那須に居ることができない。
少し早いが、今日母のユニットの方や、お世話になっているヘルパーさんと共に母の好きなケーキを持って行き祝った。
とうとう90歳になる。
こんなに長生きとは思わなかったが、ご一緒している施設のユニットの方の多くは90歳を越えている。

母の世代は戦争を経験し、若い頃は大変な苦労はしたが、医療の発達と、介護制度が始まり、支える我ら世代も多いので、年金にも恵まれて、私たちよりも老後は幸福なのかもしれない。

とりあえず、おめでとう。

「ケーキあるよ。誰の?」  
「お母さんのお祝いよ。誕生日おめでとう。」

「私80歳?」 何言ってるの、10歳もサバよんで、でも女だから若い方がいいよね。
e0172840_188261.jpg



皆に♪ Happy Birthday to you ♪
歌ってもらって、拍手され、とても嬉しそう。
e0172840_21185910.jpg


来年も、また、元気でお祝いしょうね。

by gonta2kohana1-nak | 2009-03-23 18:11 | 介護 | Comments(0)

いつのまにやら、黄昏時にさしかかた さとおばさん(さとばあちゃんかも?)、いつもエネルギーをもらうワンコたちとの日常


by gonta2kohana1-nak
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る