暑さの中にも秋の気配?

まだ、那須から帰宅していないが、ときどき東京へ戻る夫は、
千葉の家には一泊だけで、あまりに暑くて直ぐに、那須へ戻って来る。
「暑かった、新幹線から降りるとひっくり返りそう」と云っている。

那須も日中は暑いと思うが、夜の涼しさを思うと、そろそろ帰ろうかと思っても
帰れないでいる。
ワンコたちの朝の散歩で、ツリガネニンジンの花を道端の雑草の中に見つける。
すごく鮮やかで、すがすがしい気分になる。
e0172840_19404420.jpg

e0172840_2073758.jpg


ツリガネニンジンの花が咲くと、お盆も過ぎて、赤とんぼが飛び交い、夜は虫の音
夏ももそろそろと思うが、まだまだ暑い日々
宮沢賢治も花の色や形からこの花を"ブリューベル(青い鐘)"と呼びとても愛したようです。
以前、栃木県太田原に隣接する那須風土記下侍塚古墳周辺に半世紀ぶりに
「ツリガネニンジン」を群生させた資料館の館長さんの話をラジオで聴き、見学へ行った。
『風の通る道』という古い小説から、ヒントを得てのことのようであった。
本も購入して読んだが実話に近く、それ以来この花の思入れが強い。

失敗作の赤とんぼ なかなかうまく写せない。
e0172840_20231670.jpg


那須の家にはじめて来たころは、散歩しているとツリガネニンジンや、ふしぐろせんのうの
色鮮やかな山野草に感動したが、年を追うごとに減ってきているのが気にかかる。

今年も例年と同じ所に咲くふしぐろせんのうを散歩道で見つけたが、近くに
スズメバチの巣があり、怖いので
遠くから
e0172840_20325745.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gonta2kohana1-nak | 2012-08-20 22:02 | 日常 | Comments(0)

いつのまにやら、黄昏時にさしかかた さとおばさん(さとばあちゃんかも?)、いつもエネルギーをもらうワンコたちとの日常


by gonta2kohana1-nak
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る