寿ぎの春

2012年がスタートしました。
2011年があまりにも悲しい年だったので、これ以上の悲しいことがないと信じております。
今年もよろしくお願いいたします。

元旦は穏やかに家族そろって迎えましたが、午後にまたもや震度4の地震、大したことは
ないが、今年も油断してはいけないとの警告と受け止めなければ。
とにかく穏やかな、希望の一年であることを願わずにはいられない。
新年の初めは母の好きだったお正月のお菓子、花びらもちをお供えし、ともに美味しく
頂く。
e0172840_127520.jpg


2日は初詣、お墓参りと例年とかわらず、野田の愛宕神社へ
もう、30年以上、年に一回お札をいただいてくる。
お参り後は鐘をつくのを楽しみにしているが、鐘がない。どうしたのかと思っていたら
看板が立ててあり、昨年の3/11地震で土台がひっくりかえっていた。

e0172840_11472369.jpg

古い神社なので、地震でずいぶん被害を受け、修理するところが多く、鐘はまだまだ。
鐘がないのは何ともさびしい。
震災のさらなる復興と、原発事故処理がうまくいくように、お賽銭をはずんで、入念に
お参りしてきた。

我が家のワンコ、チビゴンタは暮のいつの日か(ホームレス犬なので生年月日不明)で
12歳、まだまだ元気ではあるが、我が家族の高齢化はどんどん進む。

e0172840_11523254.jpg


こちら、6歳のこはなは今が元気盛り。食欲がすごくて、だいぶ太った。

e0172840_122957.jpg


今年は母の喪中なので、お客様も2人のみで、出掛けてばかりいた。
こちらは寒いが毎日晴天が続いている。雪国は積雪が多いようで難儀なことです。

今年は辰年、昇龍のように前進あるのみ。頑張りましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gonta2kohana1-nak | 2012-01-06 12:14 | 日常 | Comments(0)

いつのまにやら、黄昏時にさしかかた さとおばさん(さとばあちゃんかも?)、いつもエネルギーをもらうワンコたちとの日常


by gonta2kohana1-nak
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る