新幹線を乗り継ぎ札幌へ 1 車窓からみた震災地

今回の北海道行きは、どうしても新青森まで延長された東北新幹線に乗ってみたかった。
なかなか人気があり、一番人気の新幹線「はやぶさ」のチケットは取ることができず、
やもうえず、「はやて」になった。
夫は疲れるから飛行機のほうがいいのにと言ってはいたが・・・
大宮駅から、乗車
ホームに入線する、「はやぶさ」
e0172840_22123099.jpg


私の乗った「はやて」
e0172840_22134090.jpg


乗車率100% 車内は明らかに旅行会社のツアー客が圧倒的に多い。
これだもの、個人旅行者はなかなかチケットがとれない。
乗り心地は従来の東北新幹線と同じ、節電のせいか車内は暑かった。
もうひとつ東北新幹線に乗りたかったのは、車窓から、被災地の様子を
垣間見ることであった。
もっとも、東北新幹線は海岸沿いを走行しないので、津波の影響など
全く見えない。
しかも、停車駅は仙台、盛岡、八戸など、スピードも速いので通過駅の
郡山、福島の感じは、平常時と全く変わらないと思った。
さすが米どころ東北、車窓からは緑が一段と濃くなった稲の絨毯が
見事に続き、ときどき、屋根瓦の補修が済んでいない家の屋根にブルーシート
が掛けられているのが見られる。4ヶ月も経っていても、まだ。
秋の収穫期、この稲からのお米が放射線の影響があるかもしれないと思うと、
何だか、悲しかった。
現に、こちらでは今年の新米は危ないらしいとのうわさ、政府は検査を示唆しているが
あまり、データを信じていない。
昨年までの古米の買い占めが始っているようである。
東北新幹線に乗ったら、駅弁も楽しみ、もちろん大好きな仙台の「牛タン弁当」
e0172840_22221787.jpg


中は発火装置が付いていてほかほか 美味しかった。朝が早かったから11時には食べ終わった。
e0172840_22262782.jpg

牛タンを食べたら眠気
盛岡、八戸もとっくに過ぎていた。ツアー客が降りたのが、新しくできた七戸十和田駅
十和田湖へ行くのかな。確かに便利に。
私のように札幌までいく人なんかいるのかと思いながら、新青森へ着いた。
津軽海峡を渡る、海峡線、「スーパー白鳥」をホームで待っていると、秋風のような涼しさ。
連絡船の時代が懐かしい。

大宮から3時間半、学生時代に上野から青森まで、今はもうないが特急「はつかり」
「はくつる」で8時間以上かかったことを思うと新幹線は確かに速いし、快適。
Commented by きら at 2011-08-05 23:30 x
北海道は、さとさんの故郷ですね。

今日、JAの人から聞いた話で、倉庫の米の備蓄が
なくなったそうです。
数日来、米の買いだめのニュースが、さらに民心を
煽っているようです。
大地震、ガソリン買いだめ、放射能、今度は米でしょうか。
Commented by gonta2kohana1-nak at 2011-08-07 13:12
きらさん、お暑うございます。
でも夏だから、やっと夏が戻ってきた感じですね。
新米が放射線で汚染されないのを今は祈る気持ちです。
いつも玄米買っている、那須の方へ、まだ残っていますかと
電話してしまいましたが、やっぱり、古米の買いだめ現実に
あちこちで、おきているのですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gonta2kohana1-nak | 2011-08-03 23:45 | 日常 | Comments(2)

いつのまにやら、黄昏時にさしかかた さとおばさん(さとばあちゃんかも?)、いつもエネルギーをもらうワンコたちとの日常


by gonta2kohana1-nak
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る