母が亡くなりました

震災ですっかり、体調を崩してしまった母。
連休明けの5/9、帰り際に母を訪れた。熱はなかった。
ゼリーを少し、持参したアイスクリームを食べてくれた。
私のことはわからないようであったが、「また来るよ」と言いい、
握手、握り返してくれた。

14日、夕方、看護師さんから、だいぶ弱っていると電話あり。
明日、検査します。結果がわかるまで、待機していた。
検査結果が悪い、それでも、17日の朝は、食堂ですこし食べたと連絡、
万が一に備え色々な用事を済ませて、18日に行きますと連絡。
夕方、よくないと連絡、夜、9時過ぎ眠るように逝ったと連絡が来た。
見とることはできなかったが、9日、握手の際握り返してくれたのが、
母からの最期の無言のメッセージと思っている。

よく頑張った。遺体を那須から、千葉へ連れてきて、葬儀も終えた。

母は今、千葉の私の家で七七日まで、一緒、その間に、夕張から、祖父母、父の
お骨をこちらへ持ってきて、一緒に松戸のお寺へ納めることになっている。

札幌を離れて7年、那須の施設に入り5年、環境のよい施設で、優しい皆さんに
お世話頂き、感謝している。母や私の介護を支えてくれた夫にも感謝している。

e0172840_1064911.jpg

遺影は、私の写したスナップを葬儀屋さんがきれいにしてくれた。
葬儀に駆けつけてくれた、札幌の親せき、母を知る人の少ない松戸で、ともに
介護をしていた友人たち、ありがとう。
これで、那須へ行っても、羽ばたける。
Commented by 鹿の谷のナウ at 2011-05-23 18:55 x
この度はご愁傷様でした。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
合掌
Commented by gonta2kohana1-nak at 2011-05-23 22:59
ナウさん、ありがとう。
介護の重荷から解放されましたが、さびしさも募ります。
これで、両親ともに亡くなり、私のお役目も終わりました。
ナウさんはお母様と一緒にお住まいですよね。
大切にして差し上げてください。
Commented by ロケットマン at 2011-05-24 07:14 x
お悔やみを申し上げます。
お母様も さとさんも 旦那様も 御苦労様でした。
見守る方が体調を崩さない様.お大事に。
Commented by コンタ at 2011-05-24 09:43 x
さとさん、この度は大変ご愁傷様でした。

お母さんの身の回りのお世話など
端からはわからないご心労も色々あったこととは思いますが
お母さんのそばに何度もお見舞いに行かれ
季節を過ごしてあげることができて
お母さんもきっと喜ばれていらっしゃるでしょうね。

ご冥福をお祈りいたします。
Commented by ぜん at 2011-05-24 10:18 x
お母さんの訃報に、心よりお悔やみ申し上げます。
虚空に帰っていったんですね。きっと、生前の好きな方たちと一緒に楽しくすごしていることでしょう。
く過ごしていることでしょう。
合掌
Commented by のぼり川 at 2011-05-24 15:21 x
さとさん、大変でしたね。
仰る通りで、解放感とさびしさが同居しますが、時間の経過と
共に思い出すことも多くなります。
私の父は20年、母は7年前に亡くなりましたが、私もその年
に近づいてきせかしじゆう父母のことを思い出すように
なりました。

まだ、やらなければならない事が控えているようですね。
健康にはくれがれもご注意を、お母様のご冥福をお祈りいたし
ております。
Commented by gonta2kohana1-nak at 2011-05-24 21:21
ロケットマンさん、ありがとうございます。
90歳を過ぎた大往生と思っております。
思い出にのぼり川さんが夕張の山桜の写真をアップ
してくださいましたが、母との夕張時代のことが
想い出されます。
Commented by gonta2kohana1-nak at 2011-05-24 21:23
コンタさん、ありがとうございます。
色々介護のことは学びました。
これからは、私の番にならないように頑張ります。
Commented by gonta2kohana1-nak at 2011-05-24 21:26
ぜんさん、ありがとうございます。
今ごろは天国で父と再会していると思っております。
これで、夕張も私にはますます、遠い昔になります。
Commented by gonta2kohana1-nak at 2011-05-24 21:30
のぼり川さん、ありがとうございます。
私のできることは成し終えたような気がしております。
いつぞやの、東京夕張会で、のぼり川さんが母に下さった
メロンぜりー母は大好物でした。
のぼり川さんも記念碑のことで、お疲れがでませんように。
Commented by 千代田 at 2011-05-25 13:37 x
掲示板で知り、慌ててこちらに参りました。なんと申し上げていいものか。 
 
 以前、私の母親のことで落ち込んだコメントを書かせていただいた時、
さとさんに、温かく励まされ、勇気を頂きました。
私もさとさんのように、強い気持ちを持たなければと思いました。

 娘にしかわからないお母さまに対する思い。私もわかります。

さとさんは完璧にやり遂げられました。ご立派です。
お母様はお幸せな方です。さとさんは親孝行な方です。

さとさん。悲しみが押し寄せてきたら、流れに身を任せ、ゆっくりと
漂ってください。

親子の縁は、ずっと果てしなく永遠のものですから。
そう信じてます。



Commented by gonta2kohana1-nak at 2011-05-25 22:28
千代田さん、ありがとうございます。
子供が親を見送るのは当たり前、まして90歳を超えて
いましたので、大往生と思っています。
私も、私ができうる限り子供としての役目を終えたと思いますが
が、寂しいです。
なんだか力が抜け、ボーとしていると涙があふれています。
千代田さんも、お母様見守ってあげてくださいね。
Commented by かぐら川 at 2011-05-29 10:23 x
ゆっくりとゆったりとお母様との時間を過ごされていることと思います。
わたしのときは、寂しさと同時にいつも傍にいてくれるという思いが、じわっと出てきました。

“よく頑張った”の一言が身にしみました。
Commented by gonta2kohana1-nak at 2011-05-30 16:06
かぐら川さん、ありがとうございました。
母は穏やかに父のもとへ旅立って逝きましたが、私の方は気が抜けたのか
犬の散歩でまた、足を骨折してしまい、守ってくれない母を少し恨んでいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gonta2kohana1-nak | 2011-05-23 10:31 | 介護 | Comments(14)

いつのまにやら、黄昏時にさしかかた さとおばさん(さとばあちゃんかも?)、いつもエネルギーをもらうワンコたちとの日常


by gonta2kohana1-nak
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る