トイレの神様

 トイレの神様という歌を最近よく聴いている。流行っているようである。

この歌を聞くと、祖母を思い出しなんだか泣けてくる。
歌詞の中で、トイレ掃除が苦手な孫娘に祖母が
 トイレにはきれいな女神様がいて、掃除をすると別嬪さんになれると、ある。
孫娘は祖母のこの教えを守りトイレをピカピカにする、祖母と孫娘の暖かな交流を
歌ったものである。
おばあちゃん子だった私にも同じような経験がある。
私が幼いころ祖母に、トイレ(その頃は水洗でもなければ、便所)の掃除を
一生懸命すると、トイレの神様が見ていて、可愛い女の子を授けてくれると聞かされ、
その気になり家のトイレ掃除はいつも私の役目でした。

当時、家のトイレは男子便所と女子便所が別々の小部屋のようになっていて、
引き戸を開けて、まず床を箒で掃除、そのあと拭き掃除、便器の掃除と、
結構子供には時間のかかる仕事であった。
祖母は当時の私に別嬪さんは無理だから、せめて、結婚したら可愛い女の子が
授かるようにとの思いがあったのであろうか。
祖母の期待に反して私は子供を産むことはできなかったがあんなにトイレ掃除に
頑張ったのに・・・

57歳で祖母は亡くなり、私は祖母よりも歳をとってしまった。
毎晩、祖母に、天照大神から始まり日本の歴史らしいことをよく、子守歌代わりに
聞かされた。秀吉や、忠臣蔵、乃木将軍が最も印象深く覚えている。
楽しかった。特に、忠臣蔵の話は面白かった。
祖母の話はいつも、今思えば勧善懲悪、懐かしい。
トイレの神様を聞くたびに涙ぐむ。
すでに、祖母の50回忌も終わり、遠い昔の話となったが。

今日も晴天の中ワンコたちのトイレの散歩から帰って来た。
帰るとご飯、ご飯と吠えまくる。
はいはい、今あげますよ。

こはなはすでに完食 チビゴン太はまだ食べている。
e0172840_17554253.jpg


こはながチビゴン太が残すのを待っているが、チビゴン太も完食
がっかり、こはな
e0172840_17591661.jpg

by gonta2kohana1-nak | 2010-11-24 18:09 | 日常

いつのまにやら、黄昏時にさしかかた さとおばさん(さとばあちゃんかも?)、いつもエネルギーをもらうワンコたちとの日常


by gonta2kohana1-nak
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る