驚きました

今年の天気は安定せず、寒暖の差も激しいが、季節の草花は律儀にも
毎年の時期になると、楽しませてくれる。
そろそろ、カタクリの花が咲きだすのではと思い、北関東も桜が咲きだしたとの情報
那須へ行こうと、急に決め出かける。
途中、一休みした宇都宮近くのパーキングも桜が満開、
e0172840_1044585.jpg


16日の夕方那須の家にやってきた。
寒いが、雨は降っていないし、例年と同じ草花が咲きだしている。
天気がよくなったら写真と思っていたら、夜になって雪が降り出した。
春の淡雪程度に思っていた。車のタイヤも、普通タイヤへ換えてきたばかり。
ところが、湿った重い雪は降りやまず、17日の朝起きるとびっくり。
17日の午前中はずっと降り続いていた。
e0172840_10152920.jpg

お昼からは急激に暖かくなり、雪は溶けだす、母のところへも、午後3時過ぎには
出かけて行けた。
e0172840_10174832.jpg

チビゴン太もこの季節外れの雪にとまどっている。

那須の桜はまだまだ、でも、せめて、カタクリはと庭の雪をかきわけ探しました。
e0172840_10213872.jpg


咲いていました。こんなに冷たいのに。季節を忘れていなかった。
最初はぐったりしてましたが、時間が経つとピンとなってきましたが、まだ色も淡く
イナバウヮー状態ではありませんが

万葉集に詠まれている
もののふの 八十(やそ)少女(おとめ)らが 汲みまがふ 寺井の上の 堅香子(かたかご)の花               大伴家持

八十少女とカタクリの花とのかわいらしさを詠んでいて心がなごみます。
堅香子の花はかたくりの花であることを、よく読んでいる方のブログで知りました。

春の大雪に驚きながらも、カタクリを見ることができて来た甲斐がありました。
福寿草は丁度満開
e0172840_11131913.jpg

まだ草花はこんな程度
e0172840_11144616.jpg

e0172840_11153598.jpg

18日は急いで戻り、19日から奈良へ。
Commented by えいりあす at 2010-04-22 14:00 x
スゴイ雪だったんですね
堅香子の葉が茶色く成ってるのは凍り付いたのでしょうか?
季節を忘れず出て来た花達も戸惑ってるでしょうね

春の花達が、こんな異常気象、誰が原因ですかと問いかけられてる様な気がします(^_^;)
Commented by gonta2kohana1-nak at 2010-04-22 19:26
えいりあすさん、コメントありがとうございます。
カタクリの葉は所々、茶色の斑模様ですね。
寒さのせいではなと思うのですが・・・
痛々しい限りです。それでもけなげに春を忘れない可愛い花です。
異常気象は自然のなせることだけではなさそうですね。
今日も寒い、冷たい雨。どうなちゃったのかしら。
Commented by かぐら川 at 2010-04-23 22:57 x
雪のかたかごの感激しました。ゆきのなかでかたかごはこのように咲くのですね。
「かたかご=カタクリ」という点については文献上いろいろ議論がある(あった?)ようですが、現にカタクリをかたかごと呼んでいる地域が今も東北にあります。そして可憐なかたかご(カタクリ)が親しまれている地域の多くで、かたかごの葉を食用としている事実も不思議な思いにさせられます。
葉のもように注目したのが宮澤賢治です。この模様にメッセージを読み取っていたと思うのですが、確かめようにも賢治全集が手元にないので確認できなくて残念です。短歌にはこのように詠っています。
“かたくりの葉の斑は消えつあらはれつ 雪やまやまのひかりまぶしむ”  大正6年、高等農林時代の歌です。
Commented by kaguragawa at 2010-04-23 23:54
たとえば、賢治の童話『若い木霊』には、カタクリの花と葉の斑は次のように書かれていました。
“その窪地はふくふくした苔に覆われ、所々やさしいかたくりの花が咲いていました。若い木だまにはそのうすむらさきの立派な花はふらふらうすぐろくひらめくだけではっきり見えませんでした。却ってそのつやつやした緑色の葉の上に次々せわしなくあらわれて又消えて行く紫色のあやしい文字を読みました。”

なお。大伴家持が堅香子の花の歌を詠んだ日は「万葉集」に記されていて、その「天平勝宝二年三月二日」は、グレゴリウス暦に直すと750年4月12日になります。まさにこの北陸にカタクリ(かたかご)が咲く時節です。
Commented by gonta2kohana1-nak at 2010-04-24 19:42
かぐらがわさん、コメントありがとうございます。
かぐらがわさんのブログから、カタクリ=かたかごを知りました。『若い木霊』は読んだことありませんが、確かにカタクリの葉はつやつやとして、太陽の光が葉の斑模様にあたると反射して不思議な色合いになるのかなと思います。
賢治は観察が鋭く、発想がすごいですね。
色々説明していただきありがとうございます。
北陸も今年の春の訪れは待ち焦がれたことでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by gonta2kohana1-nak | 2010-04-18 20:49 | 那須 | Comments(5)

いつのまにやら、黄昏時にさしかかた さとおばさん(さとばあちゃんかも?)、いつもエネルギーをもらうワンコたちとの日常


by gonta2kohana1-nak
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る